ここから本文です

アジア株市況-堅調 上海総合は終値で1カ月ぶり2900pt回復

7月24日(火)17時36分配信 トレーダーズ・ウェブ

 アジア株は堅調。上海総合指数は高く始まると、その後も堅調な値動きを続けた。米国との貿易戦争に伴う成長減速が懸念される中、前日の国務院(内閣に相当)常務会議で財政・金融政策を通じて内需拡大を図る方針が決定されたことを受け、金融緩和とインフラ建設加速への期待から買いが優勢となった。結局、指数は終値ベースで6月20日以来ほぼ1カ月ぶりに2900ポイントを回復して終えた。

ハンセン
 28662.57 +406.45(+1.43%)
レッドチップ
 4314.4 +69.75(+1.64%)
上海総合
 2905.56 +46.02(+1.6%)
台湾加権
 10995.39 +48.5(+0.44%)
韓国総合
 2280.2 +10.89(+0.47%)
ムンバイSENSEX(取引中)
 36832.42 +113.82(+0.3%)
タイ SET(取引中)
 1670.13 -5.62(-0.33%)
ジャカルタ総合(取引中)
 5933.38 +17.58(+0.29%)
マレーシアFBM KLCI(取引中)
 1762.62 +4.66(+0.26%)
フィリピン総合
 7447.02 +70.22(+0.95%)
シンガポールST(取引中)
 3289.62 -4.09(-0.12%)
ベトナムVN
 934.08 -2.66(-0.28%)
(17:32現在)
石津

最終更新:7月24日(火)17時36分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン