ここから本文です

<特集>好業績が期待できる銘柄は?(3)=小田急―複々線化による運輸収入増に期待

7月22日(日)8時17分配信 モーニングスター

現在値
小田急 2,381 -24
 小田急電鉄 <9007> をマークしたい。同社の19年3月期の連結業績は、営業収益5286億円(前期比0.8%増)、営業利益520億円(同1.0%増)を予想。年間配当は、中間期10円(前期実績10円)、期末11円(同10円)の合計21円(同20円)に増額する見込み。

 3月17日から実施された代々木上原と登戸間の複々線化で、利便性の向上や混雑の緩和による評価の高まりから、主力の鉄道事業が業績に寄与することが期待される。同社の月次営業概況によると、4月の運輸収入が前年同月比1.8%増の100億5400万円、5月は同0.6%増の101億9500万円で、2カ月連続で増加した。前期は、月間の運輸収入が100億円を超えたのは5月と3月の2カ月のみだったことからすると、複々線化により順調な滑り出しとなったようだ。また、関東地方は例年よりも早い梅雨明け以降、猛暑に襲われている。沿線に著名な観光地を有することから、同社線を利用して避暑に向かう人も増加することも期待される。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月22日(日)8時17分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン