ここから本文です

【ディーラー発】ドル円、急落(NY午後)

7月20日(金)4時34分配信 セントラル短資FX

トランプ大統領の「高い金利は米国にとって不利、ドル高は我々に不利益を与える」等の発言が伝わり、マーケットは大きくドル売りで反応。ドル円は米債利回りの更なる低下にも押されストップを巻き込み一時112円05銭付近まで急落。対照的にユーロドルが1.1678付近まで、ポンドドルが1.3048付近まで上値を模索した。ただ、その後はホワイトハウスがトランプ発言の火消しに回ると、ドル円は112円52銭付近まで下値を切り上げ、ドルストレートも徐々に上げ幅を削る状況となっている。4時34分現在、ドル円112.514-517、ユーロ円130.926-931、ユーロドル1.16366-370で推移している。

最終更新:7月20日(金)4時34分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン