ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=パウエルFRB議長の下院証言などが相場の支えに

7月18日(水)18時03分配信 モーニングスター

 前日の米国株式市場は、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の上院での証言を受け、利上げ対する過度な警戒感が後退、NYダウは4連騰し、ナスダック総合指数は史上最高値を更新した。

 18日のアジア市場は、日経平均株価が伸び悩み、買い先行で始まった上海総合指数は引けにかけてマイナス転換した。一方、欧州株は買い先行で始まった。

 今晩のNY株はしっかりとした展開になりそうだ。場中にはパウエルFRB議長の米下院での証言がある。前日の上院での証言ほど大きな材料にはならないが、米経済への強気の見解が改めて示されることで、企業決算の続く相場を支援するとみられる。

<主な米経済指標・イベント>
6月住宅着工件数、ベージュブック(米地区連銀経済報告)、パウエルFRB議長が米下院で証言、モルガン・スタンレー、アメリカン・エキスプレス、IBMなどが決算を発表

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月18日(水)18時03分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン