ここから本文です

IDOMがS安、国内小売台数減少響き第1四半期業績は最終赤字に転落

7月13日(金)13時12分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
IDOM 389 -11
 IDOM <7599> がストップ安の506円水準でウリ気配となっている。12日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高714億1100万円(前年同期比0.4%増)、営業利益3億7800万円(同69.5%減)、最終損益1億4600万円の赤字(前年同期4億5700万円の黒字)となり、最終損益が赤字に転落したことが嫌気されている。

 広告宣伝の抑制などが影響し国内直営店で小売台数が減少したことに加えて、商品設計変更の影響で1台当たり小売粗利益が減少したことが響いた。なお、豪州子会社の業績改善はあったものの、大幅な減益を余儀なくされた。

 なお、19年2月期通期業績予想は、売上高2900億円(前期比5.0%増)、営業利益76億円(同12.1%増)、最終利益39億円(同9.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:7月13日(金)13時12分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

注目のニュースキーワード

ヘッドライン