ここから本文です

13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円堅調か、株高の流れ持続する公算大

7月13日(金)8時49分配信 モーニングスター

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円00銭-113円00銭

 東京時間のドル・円は底堅く推移するとみられる。前日の米株市場はナスダック総合指数が史上最高値を更新するなど堅調な動きとなった。きょう東京時間も株式市場は買い先行で始まる公算が大きく、為替もドル買い・円売りの動きを強めそうだ。

 また、3連休を控え中値決済での実需筋の売買が活発になるとみられる。中国6月貿易収支も発表されるが、いったん一服した米中の貿易問題の懸念再燃につながるか否か注視したい。

<主な経済指標・イベント>
国内:7月限ミニ先物・オプションSQ(特別清算指数)値算出
中国:6月貿易収支
米国:6月輸出入物価、7月ミシガン大学消費者マインド指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月13日(金)8時49分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン