ここから本文です

日経平均が続伸スタート、欧米株高や対ドルでの円安進行を材料視=13日寄り付き

7月13日(金)9時04分配信 モーニングスター

 13日の日経平均株価は、前日比209円66銭高の2万2397円62銭と続伸してスタート。現地12日の欧米株式が反発。ナスダック総合指数が史上最高値を更新するなど好地合いのなか、為替市場で対ドルが円安に振れていることなども材料視されたようだ。12日のシカゴ日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比115円高の2万2325円だった。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=112円台の半ば(12日終値は1ドル=112円33-34銭)、1ユーロ=131円台の半ば(同131円25-29銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月13日(金)9時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン