ここから本文です

日機装が3日ぶり反発、みずほ証は「買い」・目標株価1400円でカバー開始

7月13日(金)16時01分配信 モーニングスター

現在値
日機装 1,178 +22
 日機装 <6376> が3日ぶりに反発。みずほ証券では12日付で、投資判断「買い」、目標株価1400円でカバーを開始している。

 同社は原油価格の上昇局面で、TOPIXをアウトパフォームする銘柄である認識。ブレント原油価格は2017年6月までの1バレル=50ドル水準から、現在は同75ドル水準へ切り上がったものの、これまでの傾向に反して、株価は1200円を挟んだボックス圏の下限近くで留まっており、この結果、19年12月期同証券予想PERは10倍と割安感が強いとコメントしている。

 一方で、油価上昇を受けたインダストリアル事業の受注増加は売上実現するまでのタイムラグが半年程度あることと、欧州の医療部門が赤字脱却するとみられることから、19年12月期を目標株価の算定基準としたとしている。また、適用PERは同業平均の15.3倍から、医療部門が回復途上であることを10%のディスカウントとして繁栄し、14倍が付与されている。

 同証券では連結営業利益について、18年12月期100億円(前期比14.7%増、会社側計画は101億円)、19年12月期115億円、20年12月期128億円と試算。

 原油価格上昇は産業用ポンプの顧客である、石油・ガス業界の回復につながることからポジティブであり、18年12月期業績は会社側計画程度に持ち直し、19年12月期には医療部門の立て直しも一巡するため、業績が本格回復し始めると予想している。

 13日終値は前日比59円高の1082円。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月13日(金)16時01分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン