ここから本文です

【ディーラー発】全般的に小幅な値動き(東京午後)

7月13日(金)13時53分配信 セントラル短資FX

中国・貿易収支の予想比上振れとなった結果には反応薄く、全般的に小幅な値動き。ドル円は戻り売りに押され112円57銭付近まで軟化したものの、日経平均が前日比504円超高まで上昇したことを受け下げ渋ると、112円65銭付近で揉み合い。クロス円もユーロ円が131円40銭付近で、豪ドル円が83円50銭前後で売り買いが交錯。また、ユーロドルは1.1665付近で膠着状態となるなど欧州勢本格参入待ちの状況となっている。13時51分現在、ドル円112.656-659、ユーロ円131.338-343、ユーロドル1.16574-578で推移している。

最終更新:7月13日(金)13時53分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン