ここから本文です

〔東京株式〕上げ幅拡大=円安好感、買い続く(13日後場寄り付き)

7月13日(金)12時55分配信 時事通信

 【第1部】後場は日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに上げ幅を拡大している。円安・ドル高の進行や海外株高を好感した買いが続いている。
 ソフトバンクGが大量の買いで上伸し、ファーストリテは前場高値を上回っている。任天堂がにぎわい、ソニーは上げ幅を拡大し、東エレク、村田製が値を保っている。トヨタ、ホンダは小高く、三菱UFJ、三井住友はしっかり。半面、安川電が売られ、KDDIは軟調。出光興産は当面の利益を確保する売りに押され、JTXGも値下がり。SUBARUが下げ、SMCは大幅安。(了)

最終更新:7月13日(金)15時26分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン