ここから本文です

宇宙旅行の料金は20万ドルから、アマゾン創業者が計画=関係筋

7月13日(金)11時04分配信 ロイター

 7月12日、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が経営する宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンが、来年予定する初めての商業宇宙旅行の料金を1人当たり20万─30万ドル程度に設定する計画であることが、2人の関係者の話で明らかになった。写真はロケット発射台と乗員カプセルの前で会見するベゾス氏。昨年4月にコロラド州で撮影(2018年 ロイター/Isaiah J. Downing)
拡大写真
 7月12日、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が経営する宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンが、来年予定する初めての商業宇宙旅行の料金を1人当たり20万─30万ドル程度に設定する計画であることが、2人の関係者の話で明らかになった。写真はロケット発射台と乗員カプセルの前で会見するベゾス氏。昨年4月にコロラド州で撮影(2018年 ロイター/Isaiah J. Downing)
[シアトル 12日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>創業者のジェフ・ベゾス氏が経営する宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンが、来年予定する初めての商業宇宙旅行の料金を1人当たり20万─30万ドル程度に設定する計画であることが、2人の関係者の話で明らかになった。

ブルー・オリジンの幹部らは前月開かれた会議で、同社の宇宙船「ニュー・シェパード」の有人の試験飛行を近く予定しており、来年にチケット販売を開始すると明らかにした。

同社はニュー・シェパードの基本デザインは公表しているが、生産状況や料金に関する情報は全く開示していなかった。ベゾス氏は5月に、料金はまだ決まっていないと述べている。

料金プランの事情を直接知る立場にあるブルー・オリジンの従業員は、チケットは約20万─30万ドルの範囲内で販売を開始することになると述べた。別の従業員は、最低でも20万ドルになると語った。

ニュー・シェパードは6人が搭乗し、打ち上げ後は高度100キロに達する。乗客は数分間無重力状態を体験し、大型の窓から宇宙空間を眺めることができる。乗客を乗せたカプセルはパラシュートで地球に帰還する仕組みとなっている。

ブルー・オリジンはこれまで無人の試験飛行を8回実施している。

最終更新:7月13日(金)11時08分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン