ここから本文です

東京外国為替市場概況・12時 ドル円、高値もみ合い

7月13日(金)12時03分配信 トレーダーズ・ウェブ

 13日の東京外国為替市場でドル円は高値もみ合い。12時時点では112.60円とニューヨーク市場の終値(112.55円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。3連休を前にした実質ゴトー日(5・10日)の仲値に向け、本邦株高も手伝って1月10日以来の高値112.77円をつけた後は、6月中国貿易収支の発表を控えて落ち着いた動きだった。日経平均株価は295円高の22483円で前引け。

 ユーロ円も底堅い。12時時点では131.40円とニューヨーク市場の終値(131.34円)と比べて6銭程度のユーロ高水準だった。ドル円の円安地合いがクロス円を全般的に下支えしている。ただ、一時131.53円と昨日高値131.48円をわずかに上回り、5月3日以来の高値をじわりと更新した後は高値もみ合い状態。

 ユーロドルは小動き。12時時点では1.1669ドルとニューヨーク市場の終値(1.1672ドル)と比べて0.0003ドルのユーロ安水準だった。ユーロ円の底堅さは支えとなるものの、ドル相場の基調が強い中では、対ドルで地合いが強まりにくい。
関口

最終更新:7月13日(金)12時03分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン