ここから本文です

個別銘柄戦略:輸出株の買い戻しが内需銘柄の買いを呼ぶ展開

7月12日(木)9時30分配信 フィスコ

現在値
ヤクルト 7,910 -160
Monot 2,730 +105
村田製 17,025 -825
スズキ 5,220 -205
エクセディ 2,858 -103
11日の米国市場では、NYダウが219.21ドル安の24700.45、ナスダック総合指数が42.59pt安の7716.61。シカゴ日経225先物は大証比90円高の22200円。本日は早朝の円相場が一時1ドル112円台の水準に下落しており、東京市場では自動車や機械、電機など前日に売られた輸出関連株の買い戻しが予想され、輸出株の買い安心感が小売業や鉄道など内需系の好業績銘柄の値上がりを呼ぶ展開が予想される。ただ、米金利低下がマイナス材料となるメガバンクなど銀行や保険株は上値が重そうだ。格上げや強気の新規格付けが観測されている。ヤクルト<2267>、MonotaRO<3064>、村田製<6981>、スズキ<7269>、エクセディ<7278>、ユニチャーム<8113>、NTT<9432>などに注目。《HT》
株式会社フィスコ

最終更新:7月12日(木)9時30分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン