ここから本文です

ティムコが一時ストップ高、第2四半期の大幅増益を好感

7月12日(木)11時01分配信 モーニングスター

現在値
ティムコ 618 +5
 ティムコ <7501> が連騰し、一時100円ストップ高の725円に駆け上がった。午前10時58分時点で55円高の680円となっている。11日引け後、18年11月期第2四半期(17年12月-18年5月)の単体決算を発表、大幅増益となり、好感された。

 第2四半期決算は、売上高が15億7800万円(前年同期比7.7%増)、営業利益が6100万円(同7.6倍)となった。通期の同利益予想4900万円(前期は1900万円の赤字)を上回る水準となる。フィッシング事業では、全般に販売が伸び悩んだが、ルアー用品に関しては、ルアー(擬似餌)やフィッシングロッド(釣竿)などの新製品投入効果やインターネットを活用した動画配信などによる販促活動が奏功し、売上高を支えた。値下げ販売の実施などにより売上総利益率は低下したものの、経費の削減に努めた結果、増益を確保した。アウトドア事業では、初頭からの低温傾向により、ジャケットなどの防寒重衣料の販売が好調に推移し、売上総利益率も向上した。

提供:モーニングスター社

最終更新:7月12日(木)11時01分

モーニングスター

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン