ここから本文です

【ディーラー発】ドル強含み(欧州午後)

7月12日(木)20時50分配信 セントラル短資FX

「トランプ米大統領、NATO加盟国に拠出金の増額を要請」との報道が伝わる中、対主要通貨でドルが強含む展開に。ドル円は日経先物や欧州株の上昇幅拡大にも後押しされ112円62銭付近まで上値を模索。一方、ユーロドルが1.1649付近まで、ポンドドルが1.3179付近まで水準を切り下げたほか、豪ドルドルも0.7370付近まで値を落とした。一方、トルコ円は一時23円44銭付近まで続伸したものの、その後は伸び悩む状況となっている。20時49分現在、ドル円112.556-559、ユーロ円131.201-206、ユーロドル1.16556-560で推移している。

最終更新:7月12日(木)20時50分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン