ここから本文です

欧州外国為替市場概況・22時 ユーロドル、下値堅い

7月12日(木)22時04分配信 トレーダーズ・ウェブ

 12日の欧州外国為替市場でユーロドルは下値が堅い。22時時点では1.1671ドルと20時時点(1.1662ドル)と比べて0.0009ドル程度のユーロ高水準だった。時間外の米10年債利回りが上昇したことを背景に全般ドル高が進むと一時1.1650ドルの安値まで値を下げた。もっとも、21時30分に米経済指標が発表され、6月米消費者物価指数(CPI)の前月比がわずかながら市場予想を下回ったことが伝わると買い戻しが入り1.1688ドルまで持ち直した。

 ドル円は伸び悩み。22時時点では112.49円と20時時点(112.60円)と比べて11銭程度のドル安水準だった。20時過ぎに一時112.63円まで上昇したものの、前日の海外市場から目立った下押しもないまま、ほぼ一本調子で上昇していることもあり、目先の利益を確定する売りに押された。

 ユーロ円は底堅い。22時時点では131.29円と20時時点(131.32円)と比べて3銭程度のユーロ安水準だった。131.10円付近まで売りに押される場面があったが、その後は再び高値圏まで持ち直すなどユーロドルにつれた動きとなった。
越後

最終更新:7月12日(木)22時04分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン