ここから本文です

個人投資家スマイルマン:夏枯れ相場でIPOに資金集中?7月、8月の注目銘柄をご紹介!【FISCOソーシャルレポーター】

7月9日(月)10時10分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
タテル 433 ---
GAテクノ 2,640 ---
シスサポ 2,441 ---
マネソリュ 2,819 ---
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2018年7月5日18時に執筆

株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンと言います。

米中の貿易戦争への懸念から世界中でリスクオフの流れが続いております。新興市場は特に厳しい値動きが続いており、中々底打ちらしい動きが見えない事からも個人投資家は動きが取りにくく、非常に厳しい相場状況と言えるでしょう。

7月、8月に入ると海外、国内の機関投資家が夏季休暇に入る事から売買も極端に細る夏枯れ相場に入り、難易度は更に上る可能性があります。

今回は夏枯れ相場中に短期資金が向かいやすいと考えられるIPO銘柄をご紹介したいと思います。

マネジメントソリューションズ<7033>

同社はプロジェクトマネジメント実行支援、マネジメント・コンサルティング、マネジメントトレーニングを主力事業としている会社になります。

同社は7月23日に新規上場予定となっている銘柄になります。大株主を見てもVCが一社のみである事から売り圧力への警戒感もそれほどなく、人気化する条件が揃っている事から注目です。業績面を見ても売上高が毎年大きく伸びている事からも上昇余地は大きく、大きく化ける可能性がある銘柄だとみています。

システムサポート<4396>

ICTを活用したシステムのコンサルティングから企画、開発、構築、運用、保守、システムライフサイクルを支援する専門サービスを手掛けている会社になります。

同社は8月2日に新規上場予定となっている銘柄になります。同社も大株主にVCが入っている事から人気化する可能性が高いIPOと言えます。業績面を見ると売上高の伸びが弱い事から業績面では買われにくい事が考えられますが、上場後の短期銘柄として勝負するのが良い銘柄と私は見ております。

GAtechnologies<3491>

中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」を運営している会社になります。

プラットフォーム系の事業内容である事からも売上高に対して高い利益率を出しやすい事からこの点はプラスとなるでしょう。大株主を見てもVCが一社しか入っていない為、売り圧力はそこまで強く無いと見ております。

また東証1部に上場しているTATERU<1435>が大株主4位に入っており、この点もプラスとなる可能性があります。しかし、VCへのロックアップがついていない事から初値が公募価格を大きく上回るようであれば、売却してくる可能性が高いのでその点だけ注意が必要でしょう。

----
執筆者名:スマイルマン
ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記



《HT》
株式会社フィスコ

最終更新:7月9日(月)10時12分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン