ここから本文です

個人投資家スマイルマン:相場に左右されず強い動きを見せている銘柄に注目したい!【FISCOソーシャルレポーター】

6月25日(月)16時39分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
きちり 817 -28
Jリース 762 +8
ビジョナH 183 -7
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2018年6月24日17時に執筆

株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンと言います。

過激化してきた米中の貿易戦争を背景に上下激しく動く展開が続いています。

新興市場に目を向けて見ますと、相場全体が軟調な中でも買われている銘柄が多くあり強い銘柄と弱い銘柄がはっきりしている印象を受けます。

今回は相場全体が軟調中でも買いを集め、綺麗な上昇トレンドが継続している銘柄をご紹介させて頂きます。

■ビジョナリーホールディングス<9263>

メガネ、コンタクトレンズ等の販売を行う全国チェーン店の業界大手企業になります。同社は旧メガネスーパーです。経営危機の状況に陥っていた時期もありましたが、業績を回復させた事から大きく株価が上昇しています。

業績が底を打った事に加えて同社が注目を集めているのはメガネ型のウェアラブル端末になります。

6月19日に発表した決算説明会資料内にて2019年冬に期待されているウエラブル端末の量産品を出荷する事を予定しており、この期待から大きく買いを集めております。既に理経、東京メガネと資本業務提携を行っておりますが、今後も協業候補企業からの出資について検討していくとの事もあり、これも株価を上げる好材料になるでしょう。

■ジェイリース<7187>

家賃債務保証事業が主力の会社になります。アプラスと業務提携をしており都市部を中心に営業を拡大。

5月9日に発表した本決算で今期予想を大幅な増収増益としたものの、材料出尽くしによる売りで大きく下落した銘柄になります。

その後軟調な値動きが続いていましたが、6月15日に医療費保証サービスの開始を発表した事から大きく動意づき始め、ここからの上昇に期待が出来ると見ております。

業績自体は好調に推移している事に加え、時価総額も100億円未満と小さい事からここからの大化けに期待です。

■きちり<3082>

カジュアルダイニング「KICHIRI」等を運営している会社になります。

同社が動きだすきっかけとなったのが5月21日にイズミのフード事業を担うイズミ・フード・サービスとの間で「いしがまやハンバーグ」のフランチャイズ契約を締結した事になります。

これによる業績拡大への期待や同社は首都圏、関西エリア中心に事業展開してきましたが、このフランチャイズ契約により中国、四国、九州地方等今まで出店出来ていないエリアに加速度的に出店出来ると会社側も公表しており、買いが買いを呼ぶ上昇トレンドが継続しております。

今後の値動きには注目です。

----
執筆者名:スマイルマン
ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記



《HT》
株式会社フィスコ

最終更新:6月25日(月)16時40分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

注目のニュースキーワード

ヘッドライン