ここから本文です

年収1000万円を手にできる仕事とは何か

6月24日(日)13時00分配信 投信1

写真:投信1 [トウシンワン]
拡大写真
写真:投信1 [トウシンワン]
年収1000万円を手にできる仕事とは何でしょうか。外資系金融機関のトレーダーでしょうか、それともコンサルティング会社のコンサルタントでしょうか。そういった仕事も高給を手にできる職業でしょうが、今回はどのような業種や企業で仕事をすることで年収1000万円をてにできるかみていきましょう。

大手総合商社はやはり高給取り

トップクラスの大学生に人気の総合商社。それもそもはず、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事の年間給与所得は有価証券報告書を見ると、提出会社の従業員の平均年間給与所得で軽く1000万円を超えています。

国税庁によれば、日本の平均給与は422万円ですので、年収1000万円を超えるというのは日本の平均の倍以上ということになります。年収だけを考えれば総合商社が大学生に人気だというのもうなづけます。

業界別で高所得を手にできる産業はどこか

では、給与が多い産業はどこなのでしょうか。冒頭に見たように金融業でしょうか。それもとも弁護士や公認会計士のような専門・技術サービス業でしょうか。

国税庁の資料によれば、意外かもしれませんが、産業ごとに見ると、いずれも違います。

実はもっとも平均給与が高い産業は「電気・ガス・熱供給・水道業」です。年間平均給与が769万円となっています。平均で770万円近い水準ということですので、年収1000万円クラスも多いでしょう。ちなみに、769万円の内訳としては、平均給料・手当が633万円、平均賞与が137万円となっています。

次いで平均給与が多いのは皆さんが想像するように「金融業、保険業」です。平均給与は626万円です。内訳は平均給料・手当が481万円、平均賞与が146万円です。金融業も高給取りには違いありませんが、金融業よりもさらに高給をもらえる産業があったということです。

みんなが気づかない産業が魅力

こうしてみると自分の印象に左右されることなく、データを見て仕事探しをしてみるというのも検討してみる価値はありそうです。

もっとも、電力や金融、そして通信という産業は規制産業であることから、それ以外の産業に比べて競争が緩く、結果そうした産業の企業は収益性が高くなり、従業員への還元が手厚いということも考えられます。
投信1編集部

最終更新:6月24日(日)22時50分

投信1

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン

経済総合アクセスランキング