ここから本文です

NY株式:NYダウは119ドル高、原油相場の上昇を好感

6月23日(土)9時38分配信 フィスコ

22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は119.19ドル高の24580.89、ナスダックは20.14ポイント安の7692.82で取引を終了した。石油輸出国機構(OPEC)で協調減産が緩和されたものの、想定内の増産に留まったことで原油相場が上昇し、S&P500とダウが上昇。しかし、米国と中国及び欧州連合(EU)との貿易摩擦への懸念が強まっており、上値は限られた。セクター別では、エネルギーやメディアが上昇する一方で銀行や小売が下落した。
原油相場の上昇で、エネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が堅調推移。自動車販売のカーマックス(KMX)は決算内容が予想を上振れ、大幅上昇。一方で、ソフトウェアのレッドハット(RHT)は、慎重な業績見通しが嫌気され、大幅下落。電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は、一部アナリストがサービス費用の増加による利益率の圧迫を指摘し、軟調推移となった。
トランプ大統領は、欧州連合(EU)からの輸入自動車・自動車部品に対する20%の関税賦課を示唆した。EUで報復措置が取られる可能性もあるが、相対的に欧州への輸出割合の低い米国自動車メーカーへの影響は、欧州自動車メーカーと比較すれば軽微にとどまるだろう。

Horiko Capital Management LLC

《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:6月23日(土)9時38分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン