ここから本文です

後場コメント No.6 セイコー、JCRファーマ、味の素、すかいらーく、DACHDなど

6月22日(金)15時00分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
味の素 2,142 +40.5
すかいHD 1,589 +24
クリレスH 1,415 +13
JCRファ 6,050 -80
DAコンソ 2,878 -10
★14:02  セイコー-CSが目標株価引き下げ グローバルでのブランド力向上の成果を待つ
 セイコーホールディングス<8050>が続落。クレディ・スイス証券では、グローバルでのブランド力向上の成果を待つとコメント。投資評価「NEUTRAL」を継続、目標株価は2800円→2500円と引き下げた。
 時計はブランド力向上の取り組みの効果が徐々に出てきているとみられるが、グローバルで売上成長加速にまだ結びついていない。特に米国は苦戦が継続しており、回復の兆しが出てくるのを待ちたいとコメント。

★14:06  JCRファーマ-CSが目標株価引き上げ JR-141と導出の期待で株価は高値圏
 JCRファーマ<4552>が小安い。クレディ・スイス証券では、JR-141と導出の期待で株価は高値圏とコメント。投資評価「NEUTRAL」を継続も、目標株価は6000円→6600円と引き上げた。
 (1)血液脳関門通過技術J-Brain Cargoを適用するハンター症候群治療薬JR-141の国内での承認申請は20.3期を目指していること、(2)今期中にJ-Brain Cargoに関する海外への導出を決める計画であることを受けて、株価は上昇。JR-141は8月に国内フェーズ2/3試験開始が予定されており、主要評価項目(脳脊髄液中のヘパラン硫酸濃度の減少)を達成する可能性は高い。結果発表は来年度になると予想し、当面はJR-141からのアップサイドは限定的と想定。
 ライセンシングについてはJR-141だけではなく、その他にJ-Brain Cargoを適用するライソゾーム病治療薬をまとめて導出し、持続的にマイルストーン収入を計上する契約を検討している。契約金収入の予想を引き上げ、早期段階パイプラインやJ-Brain Cargoがライソゾーム病以外の中枢神経疾患に応用されるポテンシャルをCS予想に織り込んだとした。

★14:13  味の素-ドイツ証が目標株価引き下げ 依然としてバリューだが目先の逆風が課題
 味の素<2802>が反発。ドイツ証券では、依然としてバリューだが目先の逆風が課題と判断。レーティング「Buy」を継続も、目標株価は2400円→2350円と引き下げた。
 タイ国内競合企業の出現によるタイでの不振が続いている。目先は米国における利益も不透明感が漂う。フィリピンの減速は構造的であるもよう。今19.3期1Qも5月下旬のトラック運転手のストライキの余波で、ブラジルは一時的に混乱する見込み。長期的な成長見通しは良好であるが、収益性の課題は解決せず、むしろ増大していると指摘した。

★14:17  すかいらーく-ドイツ証が目標株価引き上げ 株主優待の効果を再検証
 すかいらーく<3197>が小安い。ドイツ証券では、株主優待の効果を再検証。レーティング「Hold」を継続も、目標株価は1600円→1800円と引き上げた。
 個人株主増加を受けて株主資本コストの前提を引き上げ、目標株価を増額。ただし、足もとの株価からのアップサイドは限定的と想定。
 個人投資家の増加は、機関投資家とは異なる銘柄選択基準を持つ投資家の増加を意味し、同社の株主資本コストを引き下げる効果があるとの見方を示した。

★14:17  DACHD-3日ぶり反落 AI応用広告コンサルサービス開始へ
 D.A.コンソーシアムホールディングス<6534>が3日ぶり反落。22日付の日経産業新聞で、同社が人工知能(AI)を応用した広告のコンサルティングサービスを2019年3月までに始めると報じられた。
 複数の広告をどんな順番で配信すると、対象の消費者により高い効果があるのかを広告を出稿する企業に提案するという。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。

★14:32  シークス-後場プラス転換 上限100万株・20億円の自己株取得枠を設定
 シークス<7613>が後場プラス転換。同社は22日14時30分、上限100万株・20億円の自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は7月2日~9月20日。自己株式を除いた発行済み株式総数に対する割合は2.03%。

★14:34  クリエイトレストランツ-ドイツ証が目標株価引き上げ 成長性と株主優待の効果を再検証
 クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>が3日続伸。ドイツ証券では、成長性と株主優待の効果を再検証。レーティング「Hold」を継続も、目標株価は1050円→1500円と引き上げた。中長期の成長性に対する期待の高まり、および、株主優待効果を勘案した想定株主資本コスト引き下げを反映させ、目標株価を引き上げるとした。
小林

最終更新:6月22日(金)15時00分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

注目のニュースキーワード

ヘッドライン