ここから本文です

NY株見通し-軟調か 米中貿易戦争激化を懸念

6月19日(火)19時06分配信 トレーダーズ・ウェブ

 今晩のNY市場は軟調な展開か。トランプ政権が先週末発表した500億ドル規模、25%の対中追加関税に加え、新たに2000億ドル規模の中国製品に対して10%の制裁関税を米通商代表部(USTR)に指示した。中国も対抗措置を取ると表明しており米中貿易戦争の激化が懸念される。アジア時間では安全資産とされる円が買われ、日経平均や上海総合指数が下落するなどリスク回避が強まった。米国市場でも中国事業の比率の高いボーイングやキャタピラーなどを中心に売りが強まりそうだ。国内事業の比率の高い小型株で構成されるラッセル2000やIT主力株は足もとで堅調が続いているが、引き続き上昇トレンドを維持できるか注目したい。
 今晩の経済指標は5月住宅着工件数、5月建設許可件数などなど。このほか、ブラード米セントルイス連銀総裁の講演も予定されている。決算発表は引け後にフェデックス、オラクルなどが発表予定。

(執筆:6月19日、14:00)

最終更新:6月19日(火)19時06分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

ヘッドライン