ここから本文です

日経平均テクニカル:反落、5日線と25日線の下落転換で調整含み

6月18日(月)18時15分配信 フィスコ

18日の日経平均は、反落した。ザラ場で25日線を下回る場面があったほか、5日線と25日線がそろって下向きに転じ、今後の調整局面入りが示唆される。一目均衡表では、株価が4日以来2週間ぶりに転換線を下回ったほか、遅行線が株価を下回っており、買い余力の衰えが窺える。心理的な節目の2万2500円や基準線の22491円が下値めどとして意識されよう。一方、ボリンジャーバンドでは、株価が下降中の中心線近くまで下げる場面があった。前週末まで+1σが強力な上値抵抗線として作用して上値の重さが確認されたため、今後の株価は中心線を割り込んで下げていく可能性がある。オシレーター系指標では、RSIが57.13%に低下した。RSIは13日に87.53%で天井を付けた後の下落局面にあり、これまで通り30%圏まで下げるパターンを踏襲するなら、本日の水準からの株価の下げ余地はまだ大きいことになる。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:6月18日(月)18時18分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン