ここから本文です

中国、米国からの輸入500億ドル相当に追加関税-トランプ政権に対抗

6月16日(土)13時06分配信 Bloomberg

世界最大の商品消費国、中国が米国からの輸入500億ドル(約5兆5300億円)相当に追加関税を課すと発表した。第1弾として農作物と自動車340億ドル相当を対象に7月6日から発動する。トランプ政権が15日、中国からの輸入に対し高関税を賦課すると正式に発表したことに対応した。

中国はその後、米国から輸入する石炭や石油など160億ドル相当についても追加関税を講じる方針。米中の貿易を巡る対立激化で大豆から銅に至る15日の商品相場が下落し、米国の石炭関連株にとって打撃となる一方で、ブラジルなどの代替供給国の展望を明るくしている。

農業やエネルギーを中心に課される中国の追加関税は、2016年の米大統領選挙でトランプ陣営を支持した住民の多い地域を標的としている。

原題:Trade War Hits Trump Heartland as China Targets Farms, Mines (2)(抜粋)
Alexander Kwiatkowski

最終更新:6月16日(土)13時06分

Bloomberg

 

【あわせて読みたい】

注目のニュースキーワード

ヘッドライン

経済総合アクセスランキング