ここから本文です

ポンドも連れ安 ただ、英消費は上向き示し利上げ期待は温存=NY為替チェック

6月15日(金)1時04分配信 KlugFXニュース

 ポンドは売りが優勢となっており、ポンドドルは一時1.33ドルちょうど近辺、ポンド円は146.80円近辺まで下落していた。きょうのECB理事会を受けてユーロが急落しており、その動きに連れ安している。

 ただ、この日発表になった5月の英小売売上高(数量ベース)は予想を上回っている。天候が温暖だったことや、ロイヤルウェディングが英消費者の財布の紐を緩めたようで、食品や衣料品の売り上げが寄与した。サッカーのFAカップ・ファイナルの影響もあったようだ。

 英中銀は第1四半期の減速は悪天候など一時的要因と指摘しているが、その見方を裏付ける内容となっており、年内の利上げ期待は温存されている。

GBP/USD 1.3328 GBP/JPY 147.22 EUR/GBP 0.8730

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

最終更新:6月15日(金)1時04分

KlugFXニュース

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン