ここから本文です

日経平均は120円程度安、Core30では任天堂、キーエンス、三井物産が値下がり率上位

6月14日(木)13時27分配信 モーニングスター

現在値
信越化 10,130 -300
キーエンス 66,840 -720
任天堂 36,970 -790
三井物 1,892 -28
菱地所 2,005.5 -37.5
 14日午後1時25分すぎの日経平均株価は、前日比120円程度安い2万2850円前後で推移。後場に入り日経平均の値幅は28円強に留まり、動意に乏しい状況が続いている。ドル・円相場は、1ドル=110円20銭前後(13日終値110円63-64銭)で、やや円高に振れている。

 主力大型株が中心のTOPIX Core30指数は、前日比4.24ポイント安の787.74ポイント4日ぶりに反落。同指数採用銘柄の値下がり率上位には、任天堂 <7974> 、キーエンス <6861> 、三井物産 <8031> 、信越化 <4063> 、三菱地所 <8802> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月14日(木)13時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン