ここから本文です

日本ビューホテル(6097)、株主優待を一部変更!系列ホテルの「宿泊・宴会・婚礼」料金などに使える優待券の有効期限が延長されて使い勝手がアップ!

6月14日(木)1時05分配信 ダイヤモンド・ザイ

東京都台東区に本社を置くホテルチェーン。栃木県の那須高原では遊園地事業も展開。
拡大写真
東京都台東区に本社を置くホテルチェーン。栃木県の那須高原では遊園地事業も展開。
 【※株主優待の関連記事はこちら! 】
⇒【※2018年6月の株主優待の注目銘柄の優待内容と優待利回りを調査! 】マック、ガスト、串家物語、かつや、銀だこなど、利回りも魅力の外食銘柄など、6月の優待銘柄を紹介! 

 日本ビューホテル株式会社が、株主優待の内容を一部変更すると、2018年6月8日に発表した。

 日本ビューホテルの株主優待は、毎年4月末と10月末に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に、保有株式数に応じて4000~1万円相当の『ホテル優待券』を贈呈」というものだった。

 今後も100株以上でホテル優待券がもらえることに変更はないが、以下の点が変更となる。

 ◆ホテル優待券の1枚あたりの額面が、「500円」から「1000円」に変更。それに伴い、もらえる枚数が従来の半分になる。
◆従来、優待券の有効期限は6ヵ月だったが、4月期の贈呈分は発送日(7月発送)から翌年6月末まで。10月期の贈呈分は発送日(1月発送)から翌年12月末までと、従来よりも長くなる。

 なお、ホテル優待券は下記の施設において「飲食(直営レストラン・バーなど)」「宿泊」「宴会」「婚礼」に利用できる(※レジャー施設である、那須りんどう湖LAKE VIEWにおいては、「飲食(直営レストラン・バー等)」「入園料」に利用できる)。

 【ホテル優待券利用可能施設】
浅草ビューホテル、成田ビューホテル、秋田ビューホテル、伊良湖ビューホテル、両国ビューホテル、札幌ビューホテル 大通公園、大阪ビューホテル 本町、おくたま路、那須高原ホテルビューパレス、ぎょうけい館、ホテルプラザ菜の花、ホテルグリーンパール那須、那須りんどう湖LAKE VIEW

 この変更は、2018年10月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

日本ビューホテルの株主優待制度の変更前と変更後

  ■変更前

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  4月末/
10月末
  100株以上
300株未満
  ホテル優待券500円×4枚=2000円分(×年2回)
  300株以上
500株未満
  ホテル優待券500円×6枚=3000円分(×年2回)
  500株以上
  ホテル優待券500円×10枚=5000円分(×年2回)

  ■変更後

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  4月末/
10月末
  100株以上
300株未満
  ホテル優待券1000円×2枚=2000円分(×年2回)
  300株以上
500株未満
  ホテル優待券1000円×3枚=3000円分(×年2回)
  500株以上
  ホテル優待券1000円×5枚=5000円分(×年2回)
  備考
  ※ホテル優待券は、浅草ビューホテル、成田ビューホテル、秋田ビューホテル、
 伊良湖ビューホテル、両国ビューホテル、札幌ビューホテル 大通公園、
 大阪ビューホテル 本町、おくたま路、那須高原ホテルビューパレス、ぎょうけい館、
 ホテルプラザ菜の花、 ホテルグリーンパール那須、那須りんどう湖LAKE VIEWで利用可能。
※有効期限は、4月末時点での株主への贈呈分は発送日(7月発送)から翌年6月末まで、
 10月末時点での株主への贈呈分は発送日(1月発送)から翌年12月末まで。

日本ビューホテルの株主優待利回りは?

 日本ビューホテルの2018年6月13日時点の株価(終値)は1446円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更前後で株主優待利回りに変更はなし。年2回、株主優待を受け取ったものと仮定して試算)。

 (100株保有の場合)
投資金額:100株×1446円=14万4600円
優待品:ホテル優待券4000円分
株主優待利回り=4000円÷14万4600円×100=2.76%

 (300株保有の場合)
投資金額:300株×1446円=43万3800円
優待品:ホテル優待券6000円分
株主優待利回り=6000円÷43万3800円×100=1.38%

 (500株保有の場合)
投資金額:500株×1446円=72万3000円
優待品:ホテル優待券1万円分
株主優待利回り=1万円÷72万3000円×100=1.38%

 日本ビューホテルの株主優待は、全国のビューホテルチェーンなどで使えるホテル優待券。今回発表された変更では、株主優待の内容や株主優待利回りは変わらないものの、有効期限が延長されたために利便性がアップ。同社のホテルなどをよく利用する人にとっては朗報と言えそうだ。

 なお、日本ビューホテルは1953年創業の老舗のホテル運営会社。2001年に民事再生法を申請するも、約10年で再生債務を期限前完済。現在は旗艦店の「浅草ビューホテル」をはじめとしたビューホテルを全国に展開し、東京オリンピックを追い風として長期的な成長を狙う。

 2018年4月期(通期)の連結業績は、すべて前期比で売上高5.5%増、営業利益54.7%減、経常利益53.9%減。2019年4月期(通期)の連結業績予想は、売上高3.3%増、営業利益29.6%増、経常利益8.0%増、当期純利益1.0%。2019年は改装工事や新店舗オープンの負担が減り、上向いていく見通し。

 ■日本ビューホテル

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 サービス業
 6097
 東証1部
 4月末・10月末
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 1446円
 100株
 14万4600円
 1.52%
 【日本ビューホテルの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2018年6月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 【※株主優待の関連記事はこちら! 】
⇒【※2018年6月の株主優待の注目銘柄の優待内容と優待利回りを調査! 】マック、ガスト、串家物語、かつや、銀だこなど、利回りも魅力の外食銘柄など、6月の優待銘柄を紹介! 
ザイ・オンライン編集部

最終更新:6月14日(木)16時05分

ダイヤモンド・ザイ

 

情報提供元(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

9月号:7月21日(土)

定価730円(税込)

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

平均年収ランキング

ヘッドライン