ここから本文です

ECB声明発表後に乱高下、ユーロドルは1.18ドル半ばから1.17ドル前半へ急反落

6月14日(木)21時02分配信 トレーダーズ・ウェブ

 欧州中央銀行(ECB)は14日、政策金利を市場予想通り0.00%に据え置いた。そして声明で資産買い入れを12月末で終了することを公表。ユーロドルは1.1851ドルへ上振れた。しかし「2019年夏まで金利を変更しない予定」、「償還元本の再投資、資産買い入れ終了後もかなりの期間継続へ」との内容もあわせて公表され、ユーロは大幅反落。ユーロドルは1.1719ドルまで急落した。ユーロ円も、130.36円まで上昇後、129.03円まで下落幅を広げた。
関口

最終更新:6月14日(木)21時02分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

ヘッドライン