ここから本文です

円、110円台前半=NY外為

6月14日(木)7時00分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】13日のニューヨーク外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ決定でいったん円売り・ドル買いが進行したが、徐々にドルが売り戻され、円相場は1ドル=110円台前半で小動きとなった。午後5時現在は110円30~40銭と、前日同時刻に比べ02銭の円高・ドル安。
 対ユーロは、1ユーロ=130円06~16銭と46銭の円安・ユーロ高。 

最終更新:6月14日(木)9時26分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン