ここから本文です

前日に動いた銘柄 part2:トヨタ自動車、マークラインズ、システムズDなど

6月5日(火)7時32分配信 フィスコ

現在値
アダストリ 1,429 -10
昭電工 4,860 +135
石原産 1,034 -24
東海カボン 1,988 +40
ヤーマン 2,042 +18
銘柄名<コード>⇒4日終値⇒前日比

ヤーマン<6630> 2440 -117
25日線割れであらためて見切り売り圧力も強まる。

アダストリア<2685> 1516 -21
ゴールドマン・サックス証券では業績下方修正。

石原産業<4028> 1181 -16
今期の大幅減益見通しなどを嫌気。

マネーパートナーズグループ<8732> 463 -13
仮想通貨関連の一角で軟調な動きも目立っており。

三菱UFJ<8306> 682.5 +16.3
欧州情勢への懸念一服や米国債利回りの上昇で。

東海カーボン<5301> 2288 +33
好業績背景に上値追いが続く格好に。

トヨタ自動車<7203> 7401 +279
大和証券やゴールドマン・サックス証券が投資判断を格上げ。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 1143 +63
山口工場の閉鎖などリストラ策を発表している。

ファナック<6954> 22905-210
UBS証券では投資判断を2段階格下げ。

昭和電工<4004> 4870 +105
黒鉛電極各社の株価上昇が刺激となる。

オリンパス<7733> 4230 +215
アクティビストファンドの大量保有を引き続き材料視。

花王<4452> 8348 +158
岡三証券では投資判断を格上げしている。

マークラインズ<3901> 2387 +221
1部への指定替え発表で需給改善期待。

ファステップス<2338> 1489 -239
引き続き出尽くし感から見切り売りが優勢。

やまねメディ<2144> 768 -149
4日より信用規制実施。

UNITED<2497> 4110 +270
メルカリ<4385>の仮条件が当初想定を上回る。

テリロジー<3356> 556 +23
情報セキュリティ関連に循環物色の動き。

システムズD<3766> 1311 +250
「Kleioナレッジサーチ」開始で3連続ストップ高。

ラクスル<4384> 2065 -157
公開価格(1500円)の1.5倍を上目メドとする向きも。

GTS<4584> 1721 -292
新株予約権発行に伴う希薄化懸念が先行。

岡藤HD<8705> 353 -71
目先調整を意識も5日線手前では押し目買いの動き。

スマバリュ<9417> 2259 +212
東証2部への市場変更や株式分割、記念配当実施を材料視。

ファイバーゲート<9450> 3740 +315
株主優待制度を導入。

理研グリン<9992> 537+80
18年10月期の上期業績を上方修正。通期も純利益上振れ。

《DM》
株式会社フィスコ

最終更新:6月5日(火)7時48分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン