ここから本文です

三井物産、トヨタ自◆今日のフィスコ注目銘柄◆

6月4日(月)8時55分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
トヨタ 7,199 -197
三井物 1,801 -26.5
三井物産<8031>

2000円処が上値抵抗として意識される格好化から足元で調整が続いているが、一目均衡表の雲下限を支持線にリバウンドをみせてきている。ちょうど雲のねじれの局面でのリバウンドとなっており、転換線、基準線突破からの一段の上昇が意識されてくるだろう。遅行スパンは実線を下回っているが、実線に沿った切り返しに期待。


トヨタ自<7203>

6月12日開催で調整中の米朝首脳会談の実施に向け協議が進んでおり、市場はリスクオンに向かいやすく、インデックス売買が日経平均を押し上げてくる可能性がある。そのため、主力大型株先行の地合いになりやすいだろう。目先はドル高に振れやすく、足元円高で売り込まれていた輸出関連などにも買い戻しの流れが向かいそうだ。



《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:6月4日(月)8時57分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン