ここから本文です

NY株式:米国株はまちまち、原油安を嫌気

5月26日(土)9時41分配信 フィスコ

25日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は58.67ドル安の24753.09、ナスダックは9.42ポイント高の7433.85で取引を終了した。ロシアや石油輸出国機構(OPEC)加盟国による協調減産緩和の思惑が広がり、原油相場が下落しエネルギー関連銘柄を中心に売りが先行。トランプ大統領が米朝首脳会談が6月12日に開催される可能性を示唆し、一時下げ幅を縮小する場面も見られたが、相場を押し上げるには至らなかった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や半導体・半導体製造装置が上昇する一方でエネルギーや電気通信サービスが下落した。
アパレルのギャップ(GPS)は、決算内容が嫌気され大幅下落。原油相場の下落を受けて、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連会社が軟調推移。ディスカウントストアのロス・ストアーズ(ROST)は、5-7月期の業績見通しが予想を下振れ、売られた。一方で、スポーツ用品小売のフット・ロッカー(FL)は決算内容が予想を上振れ、大幅上昇となった。
来週、28日(月)はメモリアルデーの祝日のため、米国株式相場は休場となる。

Horiko Capital Management LLC


《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:5月26日(土)9時41分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン