ここから本文です

大村紙業---ストップ高、段ボール需要急増との報道で関連物色

5月23日(水)14時18分配信 フィスコ

現在値
レンゴー 991 -20
トーモク 1,771 -48
大村紙 981 +12
<3953> 大村紙業 2053 +400
ストップ高。一部メディアが世界で段ボールの需要が急増していると報じており、買い材料視されている。インターネット通販の急拡大で梱包や配送に使う量が増えており、原料となる板紙の需要は22年に16年比で約2割増える見通しという。この報道を受けてレンゴー<3941>やトーモク<3946>などが買われており、段ボール製品の小ロット・多品種生産で強みを持つ大村紙業も関連銘柄として物色されている。《FA》

[ 注記 ]

現在値に記載されている「カ」「ウ」は、それぞれ「買い気配」「売り気配」を意味します。気配値を使用していない場合、「カ」「ウ」は記載されておりません。 株価は作成時の株価を表示しております。
株式会社フィスコ

最終更新:5月23日(水)14時20分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン