ここから本文です

日経平均は20円程度高、買い先行もやや上値が重い展開=21日寄り付き

5月21日(月)9時28分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 1,110 -14.5
石油資源開 2,681 +43
王子HLD 649 -12
三菱紙 644 +1
旭硝子 4,290 -15
 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前週末比20円程度高の2万2960円前後で推移。午前9時17分には、同40円42銭高の2万2970円78銭を付ける場面がみられたが、やや上値が重い展開が続いている。前週末18日の堅調な地合いが続き、買いが先行したようだ。現地18日の米国株式は、米中貿易協議の行方をみたいとして模様眺めムードが広がり、NYダウが小反発した一方、ナスダックは続落するなど、まちまちの動き。前週末18日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比90円安の2万2840円だった。

 業種別では、王子HD <3861> や三菱紙 <3864> などのパルプ紙株や、旭硝子 <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株が上昇。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、リクルートHD <6098> 、セコム <9735> などのサービス株も高い。日立建機 <6305> 、ダイキン <6367> などの機械株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も堅調。NTTドコモ <9437> 、ソフトバンク <9984> などの情報通信株や、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株も上げている。

 個別では、Ubicom <3937> 、フルキャスHD <4848> 、SBSHD <2384> 、トムソン <6480> 、アイスタイル <3660> などが上昇。半面、TYK <5363> 、邦チタ <5727> 、OKAYA <6926> 、アドバンテスト <6857> 、大阪チタ <5726> などは下落している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=111円前後(前週末18日終値は1ドル=110円89-90銭)、1ユーロ=130円台の半ば(同130円99銭-131円03銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(月)9時28分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン