ここから本文です

21日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそう

5月21日(月)7時55分配信 モーニングスター

現在値
ホンダ 3,342 -67
任天堂 36,480 -240
三菱UFJ 625.3 +2.2
光通信 20,320 +230
 予想レンジ:2万2700円-2万3000円(18日終値2万2930円36銭)

 21日の東京株式は、もみ合いとなりそうだ。手掛かり材料難のなか、心理的なフシ目の2万3000円を前にした戻り待ちの売りと、堅調な展開が続くなかでの押し目を狙う買いから、方向感に欠ける展開が見込まれる。19日に発表された米中の貿易協議での共同声明を受けた、米国株式の反応をみたいとして、模様眺めムードが広がる可能性もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の後半(前週末18日終値110円89-90銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=130円台の半ば(同130円99銭-131円03銭)と円高に振れている。前週末18日のADR(米国預託証券)は、ホンダ <7267> 、任天堂 <7974> 、三菱UFJ <8306> などが、18日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比90円安の2万2840円だった。(高橋克己)

21日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 4月貿易統計
・13:00 4月首都圏マンション販売
・16:00 4月半導体製造装置販売高
・4月コンビニ売上高
・決算発表=光通信 <9435>

【海外】(時間は日本時間)
・11:30 タイ1-3月期GDP
・21:30 米4月シカゴ連銀全米活動指数
・決算発表=パークソン・リテール・グループ

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月21日(月)7時55分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン