ここから本文です

日経平均は100円高と3日ぶり反発、上値追いの動きが限られるなか堅調に推移=17日前場

5月17日(木)11時44分配信 モーニングスター

現在値
日水 570 -2
マルハニチ 4,125 -50
帝人 2,225 -15
東レ 947.7 -5.9
出光興産 4,085 +20
 17日の日経平均株価は、前日比100円65銭高の2万2817円88銭と3日ぶりに反発して前場の取引を終了。現地16日の米国株式が反発した動きを受け、朝方から買いが先行し、午前10時16分には、同125円43銭高の2万2842円66銭を付ける場面もみられた。その後、上値追いの動きが限られるなか、戻り待ちの売りなどから、伸び悩む格好となった。為替市場で、ドル・円が1ドル=110円20銭台から同30銭台(16日終値110円16-18銭)と小動き。東証1部の出来高は7億5260万株、売買代金は1兆1199億円。騰落銘柄数は値上がり1049銘柄、値下がり932銘柄、変わらず97銘柄だった。

 市場では「朝方、内閣府が発表した機械受注の4-6月見通しで、船舶・電力を除く民需が前期比7.1%増の2兆8068億円と見込まれている。堅調な見通しを背景に、主力株に買いが入ったようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、旭硝子 <5201> 、太平洋セメ <5233> などのガラス土石株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株が上昇。三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株も高い。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も堅調。ニコン <7731> 、HOYA <7741> などの精密機器株や、MS&AD <8725> 、第一生命HD <8750> などの保険株も上げている。東証業種別指数は全33業種のうち、値上がりが23業種、値下がりは10業種だった。

 個別では、レノバ <9519> 、UMCエレ <6615> 、オカダアイヨ <6294> 、マイネット <3928> 、キャリアイン <6538> などが上昇。半面、物語コーポ <3097> 、日東工 <6651> 、ペッパー <3053> 、パーソルHD <2181> 、帝国電機 <6333> などは下落している。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月17日(木)11時44分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン