ここから本文です

日経平均は90円程度高、米国株高受け堅調に推移、3月機械受注の影響は限定的のもよう=17日寄り付き

5月17日(木)9時27分配信 モーニングスター

現在値
日水 562 -9
マルハニチ 4,060 -5
帝人 2,176 -41
東レ 930.3 -11.2
旭硝子 4,700 -85
 17日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比90円程度高の2万2810円前後で推移。午前9時04分には、同122円06銭高の2万2839円29銭まで上げ幅を拡大している。現地16日の米国株式は、米4月鉱工業生産が前月比0.7%増と市場予想平均の同0.6%増を上回ったことなどを好感。NYダウ、ナスダックがともに反発した動きを受け、買いが優勢となっている。内閣府が取引開始前に発表した3月機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比3.9%減で、市場予想平均の同3.0%減を下回ったが、反応は限られた。16日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、16日の大阪取引所終値比70円高の2万2810円だった。

 業種別では、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、旭硝子 <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株が上昇。オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株も高い。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、王子HD <3861> 、北越紀州 <3865> などのパルプ紙株も堅調。コマツ <6301> 、日立建機 <6305> などの機械株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株も上げている。

 個別では、アイネス <9742> 、キャリアイン <6538> 、ランド <8918> 、リョービ <5851> 、UMCエレ <6615> などが上昇。半面、ARM <8769> 、日東工 <6651> 、物語コーポ <3097> 、ユニプレス <5949> 、ペッパー <3053> などは下落している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=109円台の後半(9日終値は1ドル=109円71-72銭)、1ユーロ=130円台の前半(同129円88-92銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月17日(木)9時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン

市況・概況アクセスランキング