ここから本文です

FRONTEOが続急伸で連日高値、ヘルスケア・インダストリー向けの新しい人工知能の本格提供を開始

5月17日(木)9時17分配信 モーニングスター

現在値
フロンテオ 1,152 ---
 FRONTEO <2158> が続急伸し、一時58円高の1020円を付け、連日で年初来高値を更新している。16日に子会社で人工知能を活用した医療・介護等の情報解析ソリューションを提供するFRONTEOヘルスケア(東京都港区)が、ヘルスケア・インダストリー向けの新しい人工知能「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)」の本格提供を開始したと発表し、材料視されている。

 Concept Encoderは、自由記述のテキストデータを大量に含むヘルスケア関連のビッグデータを、エビデンス(根拠)に基づいて有効に解析・活用することを目標に開発したもの。ヘルスケア従事者の共通認識である「エビデンスに基づいた医療(EBM)」に欠かせない有意差検定などの統計学的手法を自然言語解析に導入、実現している。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月17日(木)9時17分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン