ここから本文です

〔東京株式〕米株高好感し堅調=上値重い(17日前場)☆差替

5月17日(木)11時53分配信 時事通信

 【第1部】午前の日経平均株価は前日比100円65銭高の2万2817円88銭、東証株価指数(TOPIX)は5.94ポイント高の1806.29と堅調だった。前日の米国株高を好感して買われたが、上値は重かった。
 50%の銘柄が値上がりし、値下がりは45%。出来高は7億5260万株、売買代金は1兆1199億円。
 業種別株価指数(全33業種)は銀行業、輸送用機器、その他製品が上昇し、情報・通信業、不動産業、空運業は下落した。
 個別では、三菱UFJ、三井住友の買いが厚く、第一生命は上伸。トヨタ、ホンダが小高く、ソニーが締まり、SUMCOもしっかり。任天堂がにぎわい、マネックスGが値上がりしたほか、ソフトバンクGは堅調だった。新日鉄住は反発。半面、NTTが下落し、KDDIも軟調。三井不が売りに押され、野村は小幅安。JR東日本が値下がりし、東電力HDは甘く、JAL、ANAは緩んだ。
 【第2部】反発。REMIXが上伸し、フライトは大幅高で、東芝がしっかり。MCJは売り物がち。出来高7669万株。
 【外国株】小じっかり。出来高61万9900株。(続)

最終更新:5月17日(木)14時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン