ここから本文です

個人投資家・有限亭玉介:日本株の明暗と人気化の可能性を見る個別・テーマ株【FISCOソーシャルレポーター】

5月14日(月)10時30分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
コア 1,275 -14
テリロジー 1,675 -39
パス 239 -12
ラック 2,139 -1
ナレッジS 1,260 +41
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2018年5月10日12時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『日本株の明暗と人気化の可能性を見る個別・テーマ株』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、GW中の当記事にて、あたくしは5月の相場アノマリー「Sell in May(セルインメイ)には今年はならないであろう」との見方をしておりますが、決算期が本格化している中、連休明けからの日経平均は下値は堅いものの、上値も重いという展開でございますな。

日経平均が堅調な理由の一つでもあった円安基調も1ドル/110円台にタッチしてから一服の様子…その上で5月決算プレーと共にこれまで置いてけぼりにされていた中小型株への物色が今週(5月第二週目)の序盤には見受けられましたが、米国のイラン核合意離脱宣言にて、一旦冷や水を指されたもの模様です。

ただ、日経平均の先高感を示すものとして気になったのが5月8日に武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーを買収すると発表した事ですねぇ。日本円換算で約7兆円との事。この手の大型買収のニュースは、ソフトバンクGが英半導体設計ARMホールディングスを買収した事(2016年)や、サントリーによる米国ウィスキー大手のビーム社の買収(2014年)など…過去の大型買収の報道後の例から見ると、今後は円安が進む可能性もあり、単純に「円安=株高」と考えると、今後も堅調な日経平均をイメージ致します。

しかし、その中で買われるのはやはり大型・主要株の傾向もあり、再び中小型株は決算期通過後には置いてけぼりになるのでは…とも見ております。『日本株の明暗』…そうなったら個人投資家さん達は先の2、3月の暴落にてだいぶ痛手も負った可能性もありますので、新興株がお好きな方にとってはしばらく厳しい状況は続くかもしれません。

ただし、決算プレーなども含めて人気化している個別株、テーマ株はしっかり買われております。

例えば、3月24日当記事にて「次なる物色テーマ予想」と題してご紹介したサイバーセキュリティ関連のラック<3857>、テリロジー<3356>も決算発表から急騰してきましたねぇ。同じく3月配信の化粧品関連であるパス<3840>、翻訳関連であるロゼッタ<6182>も強い動きでございました。そしてGW中に配信したインバウンド関連であるファイバーゲート<9450>、ルックHD<8029>もしっかりとして参りましたよ。それぞれのテーマ性、トレンドを含めて、ここからもチェックを継続していきたいもんです。事前にエントリーされていた方はおめでとうございます。

そして現在あたくしがブログなどでも監視している銘柄の中で「これから期待したい」と見ているのが、昨年末のIPO銘柄であり、クラウドコンピューティング関連であるナレッジスイート<3999>と、同関連及びエッジコンピューティングとしての一面を持つコア<2359>、そして当記事が配信される頃には決算をまたぐと思いますが、ブロックチェーン・RPA関連でもあるバーチャレクスHD<6193>に期待したいところです。

と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。ここで記してきた銘柄と併せて、期待している銘柄の進捗についてもブログにてご案内させて頂ければと考えております。

あたくしのブログでは元投資系企業に勤めていた経験から、上記のような成長期待株やテーマ株、注目銘柄の実況中継、相場展望のほか、周囲の社長陣や投資家達との酒席におけるヨモヤマ話や、妻の愛を巡り愛猫と闘う日々についてなどなど…随時配信しております。

お時間がありましたら【株 猫旦那】で、ブログを検索して頂ければ幸甚です。

愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。
----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月14日(月)10時35分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン