ここから本文です

【本日の材料と銘柄】IMF、アジアGDP成長率を5.6%に上方修正

5月9日(水)16時52分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
クロスプラ 794 -5
資生堂 6,931 +18
コマツ 3,074 -99
トラコスモ 2,759 +6
国際通貨基金(IMF)は8日発表したアジア太平洋地域の経済見通しで、2018年の域内総生産(GDP)の成長率を、物価変動の影響を除いた実質で前年比5.6%とし、昨年10月時点から0.1ポイント上方修正したことが伝わっている。世界的に旺盛な需要や緩和的な金融環境を背景に中国やインドなどが域内の経済成長に寄与すると予想し、19年の予測も0.1ポイント引き上げて5.6%の成長が続く見込みだ。(雲宮 祥士)

<6301> コマツ {建機大手}
<4911> 資生堂 {化粧品大手}
<3320>クロスプラス {ASEAN地域での生産比率増大}
<9715>トランス・コスモス {ASEAN地域を中心にグローバル展開を推進}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月9日(水)19時38分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン