ここから本文です

ガチンコチャート分析!これからの日経平均株価のポイントは?

4月22日(日)15時00分配信 トレーダーズ・ウェブ

4/20の日経平均株価は反落。おおむね上値は75日移動平均線(22,219円、4/20)、下値は5日移動平均線(22,038円 同)を意識して小動きとなった。RSI(9日)は前日84.9%→79.8%に低下。前日から大きな見方に変化はない。
 1月高値を起点とした急落後、上値と下値を切り下げながらの推移を辿っていた。しかし、今週は一目均衡表の抵抗帯(雲)への突入と同時に、直前の戻り高値となる3/12高値(21,971円)を上回ったことで、そのパターンが崩れた可能性が高い。
 今の状況は、2015年8月高値からの調整から一時的に立ち直るパターンと似ている。当時も一目均衡表の雲への突入と同時に直前の戻り高値を更新し、その後の上昇で75日移動平均線や雲上限の突破につながった経緯がある。当時とは外部環境は異なるものの、短期的には参考になる動きであろう。

 一方、次の過去のフシとなるのは、2/27高値(22,502円)となり、雲上限(22,533円)にも近く、23,000円に向けては強いレジスタンスとなりやすい。22,500円からは過去の累積売買代金が多い水準でもあり、戻り待ちの売り圧力が強い難関である。
 仮に、22,500円から押し戻される場合、2/14安値(20,950円)から2/27までの上昇幅が、高値を起点に下げ幅として生じるパターンもありえる。3/26安値(20,347円)を中心に左右対称的な波動を形成していくイメージである。
東野

最終更新:4月22日(日)15時00分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

ヘッドライン

市況・概況アクセスランキング