ここから本文です

【ディーラー発】ドル買い優勢(NY午前)

4月20日(金)1時03分配信 セントラル短資FX

NY勢参入後は、米債利回りの上昇を背景にドル買いが優勢。ドル円は107円47銭付近まで下値を切り上げた一方、ユーロドルが1.2329付近まで売られ本日安値を更新。また、ポンドドルは欧州時間に強まった買いの流れが一服すると1.4245付近から1.4181付近まで反落している。クロス円はNYダウの伸び悩みやドルストレートの下落に連れ、ユーロ円が132円48銭付近まで、ポンド円が152円39銭付近まで値を下げている。1時02分現在、ドル円107.426-429、ユーロ円132.510-515、ユーロドル1.23350-354で推移している。

最終更新:4月20日(金)1時03分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン