ここから本文です

サンケン電気-3日ぶりに大幅反落 インドネシア共和国におけるUPS製造販売事業開始

4月17日(火)10時23分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
サンケン電 717 +3
 サンケン電気<6707>が3日ぶりに大幅反落。同社は16日に、インドネシアの現地法人サンケンインドネシアを通じて、現地の有力企業スカイ・エナジー・インドネシア社と提携関係を樹立し、「メイド・イン・インドネシア」のUPS(無停電電源装置)を、インドネシアにおいて全国展開すると発表した。

 今回の提携関係の対象となるUPSは、同社が日本国内で生産販売している「SMUシリーズ」で、これをサンケンインドネシアにて、まず約20名の人員を投入して、今年度中に生産立ち上げを行い、順次、生産数量を引き上げて行く予定という。なお、3年後の2020年度にインドネシアでの年間売上高10億円を目標にしている。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。
河賀

最終更新:4月17日(火)10時23分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「AI株式投資」の対談を掲載しています。果たしてAIは株式投資に役立つのか?株式投資の論客が「AI株式投資」を徹底解剖いたします。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン