ここから本文です

個人投資家中原良太:いまは順張りも逆張りもダメ?【FISCOソーシャルレポーター】

4月17日(火)10時01分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
タマホーム 1,098 -19
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2018年4月13日21時に執筆

From: 中原良太

横浜の自宅より、、、

今年の2月に相場が急落。それからは、相場は上がったり、下がったり、どっちつかずの値動きが目立ちますね。こういう時期は、順張りで値上がり中の株を買っても、利益につながりづらいです。それに、逆張りでドカンと下がる株も、あまり無いので、逆張りのチャンスもほとんどありません。

だから、今のような地合いで利益を出すのは、なかなか難しそうですよね。NYダウもなかなか強気になっていませんし、「株を買う」だけで利益を出すのは、かなり難しいでしょうね。

相場の方向感が無いときは、「押し目買い」と呼ばれる運用法が有効なことが多いです。なぜかというと、好業績な銘柄も、地合いが悪いせいでストンと値下がりすることも多いからです。こういった小反落を狙うだけでも、安く良い銘柄を仕込むことができると期待できます。

…と、いうことで、今のような地合いでは、「業績好調な銘柄を狙った押し目買い」で攻めるのが有効だと思います。

ちなみに、私自身がよく使っている投資法は以下の3通りしかありません。それは、以下の3通りです。


【相場が上昇相場のとき…「順張り投資」】

年初来高値更新銘柄など、上昇傾向が強い銘柄の続伸を狙います。


【相場が下落相場のとき…「逆張り投資」】

暴落相場などで、中長期で下落した銘柄のリバウンドを狙います。


【相場がボックス相場のとき…「押し目買い投資」】

人気株の下落を狙って、小さなリバウンドを狙います。


上記のように相場の状況によって投資法を使い分けると、過去の統計上、利益を出しやすい傾向があります。この3つの投資法を使い分けることで、どんな相場でも利益を出せると期待できます。

このパターンを踏まえた上で、僕の投資スタンスはこんな感じです。


【TOPIX銘柄:押し目買い】

注目中の銘柄例:タマホーム<1419>

4月13日に3Q業績を発表。営業益は黒字浮上で着地したうえ、経常も大幅に赤字縮小。着々と業績が改善している様子です。4月に入ってからは株価下落が目立ちますが、押し目を狙うには良い頃合いか。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

もちろん、100%の確信などはありませんので、「何が起きても対応できるよう準備しておく」のが、良いでしょうね。

ということで、今週も気を引き締め直して、着実に利益を狙いましょう!

- 中原良太
----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報



《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:4月17日(火)10時09分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン