ここから本文です

NY債券・16日=シリア情勢に対する過度な警戒感が緩み、売りが先行

4月17日(火)6時48分配信 トレーダーズ・ウェブ

◆10年債利回り:2.829% +0.002
◆2年債利回り:2.377% +0.021

 米長期債は続落(長期債利回り上昇)。米英仏3カ国は先週末にシリア攻撃に踏み切ったが、米露の軍事衝突は回避するとの思惑も強く、シリア地政学リスクへの過度な警戒感が後退した。米株は反発し、米長期債は売りが先行した。ただ、シリア情勢や米中貿易問題の先行き不透明感から、米10年債利回りは2.864%まで上昇した後は先週末終値水準まで押し戻されるなど、米債の売りは限られた。この日発表された3月小売売上高は前月比+0.6%と予想比強い結果となった一方で、4月NY連銀製造業景況指数は+15.8と前月や市場予想を下回るなど、強弱まちまちで市場の反応は限られた。

最終更新:4月17日(火)6時48分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「AI株式投資」の対談を掲載しています。果たしてAIは株式投資に役立つのか?株式投資の論客が「AI株式投資」を徹底解剖いたします。

【あわせて読みたい】

ヘッドライン