ここから本文です

NY株見通し-今週は不安定な展開か 米露関係緊迫化が懸念 企業決算は発表本格化

4月16日(月)18時05分配信 トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場は不安定な展開か。先週はシリア空爆が回避される可能性が高まったことで安心感が広がったが、週末に米英仏がシリアに対する軍事攻撃を行ったことで、米欧とロシアの関係緊迫化がリスク回避の流れを強めそうだ。一方、米中の貿易戦争激化懸念が後退し、米国では企業の1-3月期決算発表シーズンが本格化する。トムソン・ロイターによるとS&P500採用銘柄の1-3月期決算は前年同期比で20%近い増益が見込まれており、市場予想を上回る好決算が続けば投資家心理が大きく改善しそうだ。経済指標では4月NY連銀製造業景況指数、3月小売売上高、3月住宅着工件数・建設許可件数、3月鉱工業生産、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、3月景気先行指数など米国の景況感を占う指標の発表が多い。このほか、クオールズFRB副議長やウイリアムズ、ハーカー、エバンス、ボスティック、ダドリー、メスターなど各地区連銀総裁の講演も多数予定されている。企業決算はS&P500の60社が発表予定で、主要なものはバンク・オブ・アメリカ 、ゴールドマン・サックス、ネットフリックス、IBM、GEなど。
 今晩の経済指標の発表は米4月NY州製造業業況指数、米3月小売売上高など。主要企業の決算発表は寄り前にバンク・オブ・アメリカ、チャールズシュワブ、引け後にネットフリックスなど。
(執筆 4/16 14:22時点)

最終更新:4月16日(月)18時05分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「AI株式投資」の対談を掲載しています。果たしてAIは株式投資に役立つのか?株式投資の論客が「AI株式投資」を徹底解剖いたします。

【あわせて読みたい】

ヘッドライン