ここから本文です

個別銘柄戦略:内需・ディフェンシブ系銘柄に注目

4月10日(火)9時14分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
東エレク 14,645 -275
週明け9日の米国市場は米中貿易摩擦を巡る警戒感が和らいだことからNYダウ、ナスダックともに上昇した。米国株高を好感するもシカゴ先物が小安いほか、米中貿易摩擦が和らいだことも、昨日の段階で織り込まれており、反応は限られそうである。日経平均は足元で25日線を支持線とした底堅さが意識されているが、上値も限られよう。21500-21700円処でのもち合いが続きそうである。物色については内需・ディフェンシブへのリバランスが続いているが、小売や医薬品セクターでの証券会社のカバレッジ等が観測されており、今しばらくは内需・ディフェンシブに向かいやすいだろう。一方で、昨日はインデックスに絡んだ商いながらも東エレク<8035>が午後に上昇に転じるなど、底堅さから見直しの動きも散見された。ハイテク株には自律反発狙いの動きが意識されてきそうだ。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:4月10日(火)9時16分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン