ここから本文です

任天堂が1000円近い上昇、主力銘柄の上値重いなかで個人投資家資金が集結

4月2日(月)14時17分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
任天堂 32,070 +100
 任天堂 <7974> が一時1000円近い上昇をみせた。主力輸出株の上値が今一つ重いなか、東証1部で断トツの売買代金をこなしながら株価も強いところをみせている。市場では「ゲーム情報誌『ファミ通』の発行元であるGzブレインがきょう発表した昨年度の国内家庭用ゲーム販売額が4年ぶりの高水準となったが、この原動力が累計400万台以上を販売した『ニンテンドースイッチ』で、これをハヤす動きがあるようだ。もっとも、スイッチの売れ行きについては周知のことで、買い材料としては弱い。足もとは全体相場の商いが盛り上がりを欠くなか、短期指向の個人投資家資金が流動性の高い同社株に集結している形」(国内ネット証券大手)としていた。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:4月2日(月)14時17分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン