ここから本文です

LDNFIX=FOMC待ち、ドル円は106.20円台を中心としたこう着相場

3月22日(木)1時06分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドンフィックスにかけては動きが鈍る。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を前に積極的な取引は手控えられた。2月の米中古住宅販売件数は554万件と、市場予想や前月を上回る結果となったが、市場反応は鈍い。

 ドル円は106.20円台を中心としたもみ合い。注目イベント待ちで相場全体の動きが鈍るも、アジアタイムからのドル売り地合いは維持され、ユーロドルは1.2296ドル、豪ドル/ドルは0.7712ドルまでわずかに上値を伸ばした。好調の英雇用データも支えにポンドドルは1.4079ドルまで強含み、ドル/加ドルは1.2951加ドルまで加ドル高となった。NY原油先物が65ドル台まで大幅高となったことも、加ドルを支援。明日のオセアニアタイムにニュージーランド準備銀行(RBNZ)の政策金利の発表を控え、NZドル/ドルは0.71ドル後半でやや上値が重い。

 クロス円も値動きが鈍く、ユーロ円は130円半ば、ポンド円は149円半ば、豪ドル円は81円後半、NZドル円は76円前半で推移し、加ドル円は82.07円までレンジ上限を広げた。

最終更新:3月22日(木)1時06分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「AI株式投資」の対談を掲載しています。果たしてAIは株式投資に役立つのか?株式投資の論客が「AI株式投資」を徹底解剖いたします。

【あわせて読みたい】

ヘッドライン